« 通院・抜糸 | トップページ | いたずらももちゃん »

2008年3月21日 (金)

ゆうたろうの一周忌

今日はゆうたろうの一周忌。
少し前から通勤途中に通る土手に咲き始めた菜の花を見ていると菜の花に包まれて旅立ったゆうたろうの姿が目に浮かぶ・・・あぁもうそんな季節になったんだなぁって感じていた。

002 この一年、去年の今頃はゆうたろうとこんな風に過ごしたな、今頃はこんな風だったなって度々思い返したりしながら過ごしてきた。だから正直、今日という日を迎えるのが少し怖かった。

ももちゃんの避妊手術の時にも泣いてしまったけど最近はゆうたろうのことで泣くことは少なくなっていた。でも・・・昨日まりこさんからグリーティングカードが送られてきた。そこに書かれているやさしいお言葉を読み久しぶりに大泣き。それがきっかけでスイッチが入ってしまった私coldsweats01。急にゆうたろうの姿が恋しくなり、今までつらくて見ることが出来なかったゆうたろうの動画をたくさんたくさん見て更に号泣。その時ももちゃんは・・・静かに熟睡中だった。ももちゃん静かなひと時をありがとねconfident

ゆうたろうの命日である今日は仕事をしたくないと思っていた。ただただ静かにゆうたろうを偲びたいと思っていた。なので今日は希望休でお休み。
朝一番にお香をたき、お水とゴハンを供えて手を合わせる。お水は養命水。今年の初めにスーパーで見つけてゆうたろうに飲ませたかったなぁって想いでいっぱいになったので購入したもの。今日初めて開封したのでその後ももちゃんにもおすそ分け。ももちゃん、ゆうたろうみたいに長生きしようね!

その後、今日はお彼岸でもあったので母と一緒に父とご先祖様のお墓参り。帰宅後にゆうたろうにもお花を供えその後はずっと家にいた。特に何かをしてあげたわけではないけれどとにかく傍にいてあげたかった。傍にいてゆうたろうとの日々を振り返る、ただそれだけの静かな一日。1年が経ち少しずつゆうたろうが遠くなっていってしまうような気がする。でも、私はこれからもずっとゆうたろうとりょうたろうを愛しているし、これまでと変わらず心の中で語りかけていくだろう。

Img_0399 夕方になりゴハンをねだるももちゃん、午前のゴハンはドライだったので午後は缶詰。元気に勢い良く食べるももちゃんの姿を見てちょっぴりうるうる。数年前まではゆうたろうが同じ場所で同じように食べていた、その姿がだぶる。ありがたい・・・本当にありがたいねももちゃん。生きていること、健康であること、目が見えること・・・当たり前なんかじゃない。本当にありがたいことなんだよももちゃん。
あなたのおにいちゃん達はね、すごく素敵でかっこいいおにいちゃん達だったんだよ。いろんなことがあったけれど最期まで負けずに頑張った強いおにいちゃんだったんだよ。
ももちゃんの猫生はまだ始まったばかり。素晴らしい猫生になるように一緒に生きて行こうね。

|

« 通院・抜糸 | トップページ | いたずらももちゃん »

思い出」カテゴリの記事

コメント

Kaoriさま

お返事ご丁寧にありがとうございました。
Kaoriさまからのメッセージを読んだ後私も大泣きでした。
あの頃Kaoriさまが本当に心を込めて一生懸命愛情溢れる看護をゆうたろうちゃんにしていた姿・・・そしてそれに答えて頑張るゆうたろうちゃん・・・
色々な事を思い出して涙が止まりませんでした。

私もゆうたろうちゃんのスライドを又全部見ました。
ブログも読み返しました。
そしてブログに寄せられたのコメントに又感激・・・
皆様が心からゆうたろうちゃんとKaoriさまを応援していらっしゃる暖かい気持ちにうるうる・・・・(涙)
こんなにもたくさんの人達に愛されていたゆうたろうちゃんはやっぱり凄いお猫様だった・・と改めて思い、私もその中の一人として(ちょこっとですが)応援させて頂けた事をとても誇りに思いました。

21日は朝、最愛の祖父母にお線香をあげ、ゆうたろうちゃんの事を話しました。
そして夜うーちゃん&かよさまのブログで又泣いてしまいました。
ゆうたろうちゃんの周りには今でも愛が一杯ですね・・

ゆうたろうちゃん・・・
我が家全員ゆうたろうちゃんが大好きです。
本当にたくさんたくさんの幸せをありがとう。
これからもず~~とゆうたろうちゃんとKaoriさまをお手本に頑張りますからお空から見ててね!

投稿: まりこ | 2008年3月22日 (土) 03時25分

まりこさん
ゆうたろうのことを一緒に振り返り、思い出してくださっていたのですね…本当にありがとうございました。ちょこっとだなんて…まりこさんには本当にたくさんたくさんお世話になりました。まりこさんのやさしいお心遣いにゆうたろうも私もどれほど力付けられたことでしょう。
まりこさんはじめたくさんの方達から応援して頂けて私もゆうたろうも本当に幸せ者だと思います。

ゆうたろうは確かにすごかったしえらかった…(親ばかです(^_^.))でもにゃるちゃんや犬まりこちゃんだって同じように立派ですごいのだと思っています。
今、介護の真っ只中にいらっしゃるまりこさん。にゃるちゃんとまりこちゃんとのかけがえのない時間を大切になさってくださいね。
まりこさんご一家の愛しい時間がまだまだずっと続きますようお祈りしております。

追伸
イチゴちゃん&まりこさん、ももちゃんにたくさんのおもちゃをありがとうございました。今ももちゃんはしっぽを膨らませて興奮状態で白いねずみさんと遊んでおります。(^_^)
また改めてメールさせていただきますね~。

投稿: kaori | 2008年3月22日 (土) 21時14分

もう一年経つのですね、去年が思い出されます。
ゆうたろう君は、本当に立派でしたね。
猫という存在を超えて、いつも神々しさを感じていました。
kaoriさんとの間にある信頼関係や、愛情のつながりの深さから
猫だけど猫でないように見えたのかもしれません。
私にとっても、kaoriさんとゆうたろう君はお手本であり目標です。
素敵でした~。
私も監督も、まだまだ修行が足りず遠く及びませんが・・・^^

ももちゃん、ももちゃんにはあなたを呼んでくれた
強く美しく、かっこいいお兄ちゃんが2人もいるのですよん。
・・・でもきっともう3人はずっと前からお話していますね。
お兄ちゃんたちに導かれて、楽しくナガイキ♪
かわいいおばあちゃんにゃんこになりましょうね(って、まだ早すぎですね^-^)。

投稿: ぴか | 2008年3月23日 (日) 02時23分

ももちゃん抜糸だな~と思っていたら
ゆうたろうくんの1周忌がもう来たのですね・・
せいたろうもゆうたろうくんを目指して
頑張っていたのですが
一歩およばず・・・
ゆうたろうくんもりょうたろうくんも
時々ももちゃんと遊んでくれている気がします。
五体満足で健やかであるということ、にゃんこが
遊んで、ご飯を食べられるという事には
感謝で一杯になります。
ももちゃんおすましポーズですね!強いお兄ちゃんたちに負けずに、凛々しく可愛く育ってゆく事でしょうね
(^^)

投稿: ゆーゆー | 2008年3月23日 (日) 15時13分

ぴかさん
一年が経ちました。ゆうたろうと過ごした日々がちょっぴり遠くなってしまったように感じます。でもゆうたろうが大好きっていう気持ちはこれからもずっと変わりません(^_^)。
一年前は悲しいとか寂しいという気持ちのほうが勝っていたけれど、一年経った今は気持ちも落ち着き…一緒に過ごせたこと、長生きしてくれたこと、ぴかさんはじめ皆さんからたくさん応援してもらえたこと、とっても幸せだったなと心から思えます。

ぴかさんと監督のブログでは食欲の落ちたゆうたろうのオイシイ探しでとってもお世話になりました。そしてたくさんたくさん励ましても頂きました。本当にありがとうございました。
ぴかさんと監督のほのぼの~とした雰囲気が大好きです。ちびちゃん♪おいしい、楽しい、穏やかな毎日を過ごしつつご長寿を目指してね!

ももちゃんも、まだちょっと早いかもしれないけれど(^_^.)かわいいおばあちゃんにゃんこになれる日を夢見て楽しく日々を過ごしていきますね~。
ももはおにいちゃんたちとお話できているのかなぁ…ニンゲンには分からないにゃんこの世界があるのかもですね!私がお仕事に行っているときとかに交信してたりして(*^_^*)

投稿: kaori | 2008年3月23日 (日) 21時31分

ゆーゆーさん
せいたろうくん、とっても頑張りましたよね。かんなちゃんはじめ一緒に暮らす若猫さんたちからもパワーをもらっているなって感じで微笑ましかったです。せいたろうくんもゆうたろうに負けないくらい立派でかっこ良かったですよ!
せいたろうくんも姿は見えなくても大好きな家族みんなと一緒にいるのかもしれませんね(^_^)。
にゃんこはもちろんのこと自分自身も健康であるということは本当にありがたいですよね。たとえ目が見えなくても耳が聞こえているとか、どこかが病気になっても別の部分は健康であるということ、常に感謝を忘れずにプラス思考で過ごせていけたら良いなって思います。

お転婆ももちゃんのおすましポーズ!やっと撮れた貴重な一枚です(*^_^*)。

投稿: kaori | 2008年3月23日 (日) 21時53分

ゆうたろうちゃん、きっとkaoriさんと
ももちゃんのそばにいますね。だってあんなに大事に愛されて、愛したんだもん。
うちもぴーちゃんは、にゃんちょろと同じキジトラなんです。もらい受けるとき似てて悲しくならないかな大丈夫かな?と思ったけど、平気でした。その子その子の個性があって、どちらも愛しくて大切な可愛い子。ぴーちゃんほんとに今元気にしててくれるのがありがたいです。これもにゃんちょろのおかげですね。

投稿: のんこまる | 2008年3月24日 (月) 21時43分

のんこまるさん
ぴーちゃんはにゃんちょろちゃんと同じキジトラさんなのですね。うちのもももゆうたろうと同じ白猫でしたが、やはりのんこまるさんのおっしゃるとおりです。毛色は同じでも決して前の子の身代わりなんかではなくその子その子の個性を愛しく思いますよね。

ただ…普段はそういうおもいでいるのですが、正直言ってしまうと、ふとした瞬間に(特に寝んねしている時や食べている姿に)面影を感じてしまう時もあったりします(^_^.)。ほんとにたまぁ~に、ですけどね!

ぴーちゃんの、ももちゃんの元気をありがたく思いますよね。限られた(ニンゲンよりは)短いであろう命を思うと本当に一瞬一瞬を大切にしたいという気持ちになります。にゃんちょろちゃんもゆうたろうも私達に色々なことを教えてくれた偉大なお猫様ですね!

ぴーちゃんの幸せはにゃんちょろちゃんのおかげ、ももちゃんの幸せもゆうたろうのおかげかもなぁって感じます。

投稿: kaori | 2008年3月25日 (火) 21時19分

kaoriさん、お久しぶりです。
ゆうたろうさんのご命日という日に、気遣いができずに申し訳ないことでした。
遅くなりましたが、私も少しゆうたろうさんを偲ばせていただきました。
ゆうたろうさんを思う時、共にシャイと耳太のことを思わずにはいられません。
私が2匹を見送った時間、同じ時間にゆうたろうさんは、しっかり生きていられましたからね。
パソコンのアルバムを訪問すれば、そこにゆうたろうさんが、いつまでもずーーっといるような気がしていました。
そんなわけないのですけれどね。
お2人は必死で命を保っていられたのですからね。

猫たちがいなくなってから、私の生活は激変しました。(←たかが知れた激変ですが)
精神的には、日々何か気がまぎれるものを探さずにいられない感じです。でも目の前のものを追っていながら、心は過去のままでいる感じです。

kaoriさんがももちゃんを迎えつつ、ゆうたろうさんのことを落ち着いて偲ぶご様子は、しっかり地に足がついた感じがします。
記憶を共有してくれる、お母様という存在も大きいのでしょうね。

ゆうたろうさんを偲ぶつもりが何言ってるんだかわからなくなってしまいました。
触ったことのない、ゆうたろうさんのやせたお体の、手触りとぬくもりを、思いえがきつつ。

投稿: みみた | 2008年4月 1日 (火) 22時38分

みみたさん、こんばんは。
お返事が遅くなってしまってごめんなさい。
ゆうたろうのことを偲んでくださってありがとうございます。
ゆうたろうと過ごした日々は本当に幸せでした。そして最後の数ヶ月の闘病の日々を思い返してみると…あの頃は「あまり先のことは考えないようにしよう。今日一日が、明日一日が無事に過ごせれば良い。」と思いながらの毎日でした。

私達人間よりも寿命の短い猫さんとの暮らしを選んだ時、ただ楽しいだけではなく、いつかは必ず訪れるであろう辛い日々もあるのだと、シャイちゃん、耳太ちゃん、ゆうたろうが私達に教えてくれましたね。

ゆうたろうの体がどんなに不自由になってもお世話をすること自体は全然嫌ではなかったけれど、ゆうたろうの痛み、苦しみを思うと辛かった…けれど辛いなかでもふと感じる幸せもあったりで、全てが私の大切な大切な思い出です。出会えたこと、一緒に暮らしたこと、本当に良かったと思っています。

みみたさんも、シャイちゃんや耳太ちゃんに対するみみたさんなりの様々な思いがあることと思いますが、再び猫さんと暮らすことを選んだというところは私と同じでしたね(^_^)。

いつかはお別れの時が来るのを知ってもなお、再び共に暮らしたいと思ったのは、猫さんとの暮らしが辛さよりも幸せのほうがずっと大きかったからだと思います。色々なことを教えてくれたシャイちゃん、耳太ちゃん、ゆうたろうのためにも、みみたさんはすずちゃんと、私はももちゃんと、お互いに幸せになりましょうね(*^_^*)。

投稿: kaori | 2008年4月 4日 (金) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102655/22794262

この記事へのトラックバック一覧です: ゆうたろうの一周忌:

« 通院・抜糸 | トップページ | いたずらももちゃん »