« ももちゃんと森林浴 | トップページ | 仰向けグルーミング »

2008年5月18日 (日)

お山で脱走!

昨日はばたばたとしてしまい更新できなかったのだけど・・・
昨日、またまたももちゃんと一緒に山へ遊びに行ってきた。こんなにすぐにまた行こうとは思っていなかったけれど、今度は母の方から誘われてcoldsweats01

山に到着すると早速母は山菜採りへ。そしてももちゃんと私はお散歩♪ももちゃんは以前来たことがあるってことが分かっているようで以前より更にリラックスして山歩きを楽しんでいるって感じhappy01

↑ここも一応山だけど自動車も通れる道なので広くてとっても明るい。虫さんを追いかけていきなり走り出すので付いていくのが大変だったりもする。

この前来た時よりも何だか虫さんが多いみたい。私の目にはたまにしか見えないのだけれど、ももちゃんは度々虫さんを追いかけている。

しばらくすると母が山菜(主にフキ)を持って車に帰ってきたので私とももちゃんも車のそばへ行った。車のそばの丸太に座り二人で夏みかんを食べながら一休み。ももちゃんは車の上で一休み。(リードは車に繋げています)

Img_0580_2 Img_0583

あぁ~なんてのどかなのかしら~山の散歩って楽しい~。
「もうそろそろ帰る?」と言う私に「あともうちょっとだけ。三つ葉とセリを採ってきたいな~。」と母が言うので、「それじゃぁももちゃん、最後にもうひと歩きしよっか。」

事件はその時起こった!
その瞬間のことははっきりとは覚えていないのだけど、多分一瞬よそ見をしていたのだろう。リードをちょっと引っ張った時、わずかな抵抗を感じた後ふと軽くなった。「え?」とももの方を振り返ると・・・ひいぃぃ~!shockリ、リードとハーネスが外れてる~!
素っ裸になったももちゃん。その瞬間猛ダッシュで山道を登っていきあっという間に姿を消してしまった。
まだその場にいた母の「何やってんの~ぉぉ~!あぁ~もうだめだ~」と言うその声を尻目にとにかく夢中でももちゃんが登っていた山道を駆け上がった。少し登ったところでももちゃんの姿が見えた。が!一瞬こちらを見た後再び駆け上がってしまった。「どうしよう、どうしよう!いや落ち着け、落ち着け」自分に言い聞かせつつももちゃんの後を追いかける。そしてまたももちゃんの姿が見えた!今度は山道の真ん中で立ち止まっていた。
けれどしっぽはボンボンに膨らんでいて興奮状態。また逃げちゃうかも~という不安な気持ちを持ちつつも猫なで声でそうっとそうっと近付いた。
ももちゃん、今度は逃げずにつかまってくれました~。

ももちゃんを抱っこして山を下りると車のそばで心配そうに母が待っていました。「あぁ~良かったよ~。もう絶対に無理だと思ったよ~。」と言われた。とにかくももちゃんが戻ってきてくれて本当に良かった。
もしもあのまま山に消えてしまっていたら保護主さんに顔向けできないし、心配で心配で夜も眠れなかっただろう。人里ならまだしも山の中ではポスターを貼ってもあまり意味なさそうだし、探すのはとっても困難だったと思う。
今回とてもラッキーだったことはももちゃんが逃げた道が常に山道でありそこをそれなかった(道の無い林の奥に入っていかなかった)こと、そしてももちゃん自らが立ち止まってくれたことだと思う。山道を本気で走る猫さんの早さには絶対に追いつけない(あたりまえですねcoldsweats01)と思い知らされた。

その後一度ももちゃんと車の中に入り色々と考えてみたのだけれど、ももちゃんの使っているこのベストハーネスはももが前に進む分には全然平気なんだけど後ずさりをするとスルリと脱げてしまうということが分かった。これがこのハーネスの欠点なのかももちゃんが細すぎてサイズが合っていないのかははっきりしないのだけれど、ハーネスよりも首輪のほうが良いのかなぁ・・・。される立場で考えてみると首輪では引っ張った時に苦しいだろうなって思うし、でも首輪のほうが抜けてしまう危険性は少ないような気がする。
こんなに怖い思いをしてしまった私とももちゃんだけど、まだお散歩を無しにはしたくないなぁって思っている。

ただ今回のことを通して色々と考えさせられた。山を、自然を甘く見てはいけないなぁって。考えてみたら山にも危険はいっぱい。静岡には熊は滅多にいないだろうけれど、いのししや猿はいるかもしれないし(一応自分の腰に鈴を付けてたまに鳴らしながら歩いています)、怖いヘビや蜂とかいるかも知れない。
脱走防止対策に加えて色々な面での対策を万全に整えた上で楽しまないといけないなぁって思った。とりあえずしばらくは山の散歩は控えて近所の公園とかにしようかなぁって思っているcoldsweats01

Img_0590帰宅したももちゃん、玄関に入るなりベストハーネスをつけたままダッシュで階段を駆け上がり出窓の猫ベッドへ。少々お疲れ気味かな?私は部屋に戻るなりすぐにゆうたろうのお骨に手を合わせた。「ももちゃんを守ってくれてありがとう・・・」もしかしたらゆうたろうがももちゃんに「止まるんだ!」って言ってくれたんじゃないかと、そんな気がした。

夜になり出窓のベッドにいたももちゃん、何やらしきりに右手の爪を噛んでいる。「ん?どうしたの」と抱っこして右手の爪を見てみたら・・・げげ!爪の根元が赤い!そういえば・・・最初に撮った動画で虫さんを追いかけたももちゃんが虫さんを手で押さえたあと右手をブンブン振っている。あの時に何かされたのだろうか。虫刺されなのか植物の棘でも刺さったのか分からないけれど・・・赤くなっているだけで腫れてはいないから大丈夫かな。

今日になって見てみたらまだちょっと赤いけれど昨日よりは薄くなったみたい・・・。
何やらドタバタな昨日の一日だった。でもなによりももちゃんが無事に帰ってこれたことが本当にありがたい。あの時ももちゃんが立ち止まってくれたことを思うと、どんないたずらでも笑って許せてしまう今日の私なのでしたhappy01

|

« ももちゃんと森林浴 | トップページ | 仰向けグルーミング »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、Kaoriさん☆
ももちゃん、走ってるし、虫捕まえてるし、撫ぜてもらってるし、木の上を歩いてるし・・・可愛いです!
本当に凛を思い出してしまいます。
でも、逃げちゃった時はマジで心臓止まりそうになりますよね。
私も凛がよく脱走してた時、そんな感じでした。
まだ、凛は家の周りだったけど、ももちゃんは知らない山ですから、比じゃないと思います。
モモも、最近外の味を占めて、脱走します。今のところ、すぐ捕まえられるんですが、そのうちに賢くなり、捕獲が難しくなるでしょうね。
そうそう、この間、大きなムカデをモモが見つけて、大騒ぎでした。もし、モモが咬まれていたらと思うと・・・。ムカデは熱湯や熱いお茶に弱いんですよね。母が退治して事なきを得ました。
話は違いますが・・・フクちゃんが帰ってこなくて、心配しています。よくそういうことがある子なので、帰ってくることは間違いないんですが。そういえば、去年の今頃、田植えの頃も一週間ほど帰ってきませんでした。あまり汚れてなかったし、今回も近くにいるとは思うのですが・・・。
また、帰ってきたらお知らせします。

投稿: メル | 2008年5月19日 (月) 10時03分

Kaoriさま

お久しぶりでございます。

「お花見」→「森林浴」とまるで絵葉書を見ている様に楽しく拝見させて頂いていたら「脱走!」で心臓が縮みまくりました(滝汗)
あ~~んももちゃん良かった良かった良かったよ~~
「立ち止まって抱っこ」なんて賢い!!
ゆうたろうちゃんも本当に本当にありがとう!
Kaoriさまの冷静な対処にも心から感服致しました。

昔犬まりこが家に貰われて来たばかりの頃、ファミレスに連れて行き駐車場で脱走されました。もう一匹篭に入れたポメラニアンも連れていたのですが、動転してしまいポメと祖母を駐車場にほったらかしにしたまま、追いかけた事を思い出しました。お散歩では決して走らない大人しいまりこがあんなに早く走れる事に唖然としました。
動物の本気を甘く見てはいけませんね(笑)

我が家もイチゴにベスト付のハーネスを購入してあるのですが、大人しくしている時は問題ないのですが、何かの拍子で思いっきり体をねじる!?みたいな感じになるとスルッと脱げてしまいます。基本的に猫はとても体が柔らかいのでしょうね・・・でも犬のハーネスも脱げる事があるので、首輪でもハーネスでも「絶対」と言う物はないのかもしれませんね。

それから横レスですみません。
我が家全員で↑メルさまのフクちゃんのご帰還を心から祈っております。
早く帰っておいで~~フクちゃん!

投稿: まりこ | 2008年5月19日 (月) 13時42分

はじめまして、かれこれ1年以上ロム専で拝見しておりました。
ももちゃんの無事の確保、良かったです。
山で脱走と拝見し、青ざめてしまいましたが・・・本当に良かったです。

ウチの子も時々お出掛けするのですが、首輪だけはお止めになった方が・・・。
知り合いの猫ちゃんが超お出掛け猫なのですが、その方が色々試した結果、
以下のようなタイプのものが最も外れにくいようです。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dogpark/4977478500119.html

ハーネスもエックスタイプだとか何だとか色々ありますが、
これだと片手が抜けてももう片手と首は大丈夫~といった具合です。
これと同じタイプが100円ショップ(ダ●ソー)にありまして、
我が家の外出時は、これとお洋服を併用しています。
服に違和感を感じているせいもあるのでしょうが、
結構脱走率低いですよ~。

投稿: こゆき | 2008年5月19日 (月) 21時34分

うわー、kaoriさん、焦りますね。
立ち止まってくれたももちゃん。
やっぱりゆうたろう君でしょうか。
お兄ちゃん!!ありがとう!!

何にしても、無事でよかったですね。
もしヒトから見えない位置に言ってしまったとしても
待っていればたぶん戻ってきてくれただろう、呼んだら猫の耳には聞こえて、と予想しますが
車が通れるということも心配要素ですね。

オテテ、もう大丈夫でしょうか。
今月、監督が天井付近の壁をじっと見ているので、よく見たら
でっかいムカデがいて(作業員がつかまえて、測ったら14cmナリ^o^;)
ヒモだ!と遊んだら噛まれるな・・・とぞっとしました。
外に出しました。
注意しなくてはいけないことってたくさんですね。。。

とにかく、ももちゃんが無事でよかったですね~。

投稿: ぴか | 2008年5月20日 (火) 04時24分

メルさん、まりこさん、こゆきさん、ぴかさん、メッセージ頂きありがとうございます!お返事が遅れてしまっていてゴメンなさい。
今日も、ももちゃん元気いっぱいに遊んでいます。本当に本当に良かったですhappy01
今日もちょっと時間が無くなってしまって…明日必ず個別にお返事させていただきますね!

投稿: kaori | 2008年5月21日 (水) 00時04分

メルさん、こんにちは。
>ももちゃん、走ってるし、虫捕まえてるし、撫ぜてもらってるし、木の上を歩いてるし・・・

ね、ね!ももちゃん、楽しそうでしょう~。メルさんも凛ちゃんと一緒にこんな感じでお散歩を楽しんだのですね(*^_^*)。
ももが逃げてしまった時は本当にあっという間の出来事で、それにももの足の速さにもびっくりです。もも自身もびっくりして走ってしまったのかも知れませんね(^_^.)。
モモちゃんも脱走するのですか。お散歩はダメでも脱走はしてしまうってことはお外はOKでもリードが嫌なのかな?ムカデにじゃれついてしまうのは怖いですね。猫さんって怖いもの知らずって感じですよね。ムカデなんて私達はぞぞっとするけれど猫さんから見たらじゃれたくてたまらなくなるような姿形ですもんねcoldsweats01
何にしても猫さんにとって、お外は楽しいと同時に危険もいっぱいってことですよね。私がももをお外に連れ出すのは月に2、3回程度と頻度は低いのですが、とにかく色々な面で気をつけてあげなくてはと思っています。
フクちゃん、まだ帰ってこないのでしょうか…お外には慣れている子なのですね。とは言っても数日間姿が見えないとなると本当に心配ですよね。何事もなく早く帰ってきますように!

投稿: kaori | 2008年5月21日 (水) 12時13分

まりこさん、お久しぶりです。
びっくりさせてしまってごめんなさい~。でもでも、いくつかの幸運が重なったこともあり無事に帰ってくることが出来ました(^_^)!
犬まりこちゃんも脱走経験があったのですね。しかもお出かけ先で!家から脱走した場合も心配なことは変わりないのですが、お出かけ先だと更に動揺してしまいますよね。本当に動物の本気走りにはかないませんね。
イチゴちゃんのベストハーネス姿、以前まりこさんから頂いたお写真で見たことがあります!茶トラの毛皮に黄色いベストがと~ってもお似合いでしたよね。改めてお写真を出して見てみたのですが…このイチゴちゃんのベストハーネスのほうが布が首の近くまで来ていてしっかりとした作りだなぁって感じました。
以前私が買おうかどうしようか悩んだハンドルベストっていうのにそっくりだなって思ったのですが、もしかしたらそうなのかな?
こんなにしっかりとした作りでも脱げてしまう時があるのですね。う~ん、確かに「絶対」と言うものは無いのかもしれませんね。あまりに「絶対」を求めると本当に猫さんを縛り付けるような窮屈なものになってしまいますもんね。お散歩を楽しむどころか苦痛になってしまうようなら意味がないですよね。

考えてみればハーネスを過信してよそ見をしながら引っ張った私もいけなかったんだと思います。
これからはもう少し(あまりピリピリしないていどにcoldsweats01)緊張感と注意力を持ちつつお散歩をしたいと思います。
フクちゃんのこと祈ってくださってありがとうございます。フクちゃん、早く帰ってきてメルさんを安心させてあげてね~!

投稿: kaori | 2008年5月21日 (水) 13時08分

こゆきさん、初めまして。
ご心配頂きありがとうございます。私もももちゃんの脱走には本当に驚かされましたが、無事に確保し、帰ってくることが出来ました(*^_^*)。
こゆきさんちの子もお出かけするのですね。やはり首輪でお散歩ではかわいそうですかね…。
ご紹介いただいたようなタイプのハーネスですが、実を言いますと私も持っていたりします…。ただこれだと何故かももがつけるのをすごく嫌がってしまって、なんとか装着しても数歩歩いてはコテンと倒れてしまうのですcoldsweats01。でもこちらのほうが脱げにくいとの情報を頂いたので再び出して試してみたのですが、やはりとっても嫌がり必死で脱ごうとします。何がそんなに気に入らないのか、何故お洋服(ベスト)タイプなら平気なのかは本猫にしか分からないのですが。う~ん、なかなか難しいですね。
ハーネスは通販であれ実店舗であれ試着できないってところが難点ですよね。
100円ショップ(ダ●ソー)のハーネス見たことがあります!「うちにはもうハーネスがあるからいいや…」って素通りしてしまっていましたが今度は試しに買ってみようかな。100円ならもしダメでもショックが小さいし(^_^.)。リードとお洋服の併用も試してみようと思います。
とりあえずは室内で色々と試しながらベストな方法を見つけて行きたいと思います。色々とアドバイスを頂きありがとうございました!

投稿: kaori | 2008年5月21日 (水) 13時50分

ぴかさん
本当に、よくぞ立ち止まってくれた!って感じです。昔、ゆうたろうも近所で脱走したことがあるのですが、3日間くらい捕まらなかったことがありました。時折姿は見かけたり立ち止まったりもするのですが、手を差し伸ばすとあとちょっとって所で逃げてしまったりして。
猫さんって興奮状態になると例え飼い主でも逃げてしまうことがあるんですよね。なので立ち止まってはくれたけれどしっぽがボンボンにふくらんだももちゃんを見てまだ安心できないと思いました。ゆうたろうとももちゃん自身にも感謝です。私の不注意で危険な目にあわせてしまって申し訳なかったなぁって思います。

日記の書き方では分かりづらいですね…ももが逃げた道は車が通れない山道だったのです。(2番目の動画で歩いているような林の間の細い道です)車は私達が停めた場所で行き止まりになっていましてそれ以上は行けません。
なので車にひかれるような心配は無かったのですが、なにしろ家から3キロほど離れた場所だったし山の中だったのでひやひやしました。でも確かにそのまま姿が見えなくなってしまっても猫さんはすごく耳が良いらしいから、あきらめずに呼び続けたほうが良いのでしょうね。

オテテのご心配頂きありがとうございます!もうすっかり赤味は引いております。ただ赤味が引いたあとをよく見てみたらポツンと針で刺した跡ようなカサブタがありました。やはり何かに刺されたみたいです。結局は何だったのかはっきりしませんが、毒の強い虫とかじゃなくて良かったです。

>作業員がつかまえて、測ったら14cmナリ^o^;
ひぃ~14cm!ムカデは紐っぽいしウネウネと動くから猫さんにはたまらないでしょうねcoldsweats01。監督の可愛いオテテが無事で良かったです。怖いもの知らずな猫さんのかわりに飼い主が注意して守ってあげなくてはですね。
今回のことを教訓に私も色々と気をつけてあげたいと思います。

投稿: kaori | 2008年5月21日 (水) 14時59分

こんばんは。
緑のお山に元気なももちゃん、
にこにこと(^^)動画を拝見していたところ
えええ脱走~(@@;)もう心臓がっ。でも立ち止ってくれてほんとに良かった!ももちゃんには
止めに来たゆうたろうくんが見えていて、「誰?」って立ち止ったのかも・・と、想像してしまいました。
オテテも治ってよかった!!お転婆ももちゃん、虫さんには注意ですよ~(^^;)

投稿: ゆーゆー | 2008年5月26日 (月) 21時51分

ゆーゆーさん、こんばんは。
あれから10日ほど経ちましたが今思い返してみてもドキドキしてしまいます(^_^.)。ももちゃんにはゆうたろうの姿が見えていたのかなぁ…もしそうだとしたらとってもうれしいです(*^_^*)。でもゆうたろうに甘えてばかりもいられないので、これからは本当に気をつけなくてはと思っています。

オテテはあの日、当日はとっても赤くてびっくりしてしまったのですが、数日後には自然に完治してしまいました。ももちゃんは楽しいだろうけど虫さんにとっては命がけですもんね(^_^.)。
今回のことでほんと、お外に連れ出す時にはもっと色々と気をつけてあげなくてはいけなかったなって、勉強になりました。とりあえずその後はベランダ散歩2回、お庭の散歩2回と縮小しておりますcoldsweats01

投稿: kaori | 2008年5月27日 (火) 23時57分


Kaoriさん、コメントをありがとうございました。
フクちゃん、まだ帰ってきません。とりあえず、ネズミとか普段もお外で食べていて、半分野生のような子なので食べ物の面では心配はしていないのですが、それでもこう長い間帰らないと頭がおかしくなりそうになります。
フクちゃんに限らず、うちの子は、ほとんど野良ちゃんがやってきてうちの子になったというパターンが多いので、よくふらーっといなくなったりしていたんです。
その度に、毎回同じように心配して、前にいなくなった日数はこのくらいだったと日記につけては確認するようになって、今もそれがあるので少しは安心しているという感じなのですが・・・。
最長の26日間いなくなった時の日記はそれはそれは悲痛な自分の様子が書かれていて、まったく今の私と一緒です。
毎日が本当に早く過ぎていって、日にちばかり経つのがやりきれないというか・・・。
フクが帰ってくると信じていますが、辛いです。
モモも他の子もどことなく寂しそうに見えます。
Kaoriさんもまりこさんもご心配していただき、本当にありがとうございます。
帰ってきましたら、是非一番に報告をさせていただきますので、もう少しお待ち下さいね。

投稿: メル | 2008年5月28日 (水) 11時28分

メルさん
ご近所の方とかの目撃証言とかあれば少しは気持ちも軽くなるのでしょうけれど…フクちゃんなりの秘密の場所があるのかな。毎回積極的に探したりとかはせずに帰宅はフクちゃんの意思に任せているのでしょうか・・・。

フクちゃんはお外で生活する術は心得ているという点では心強いですよね。これまでもきちんと帰ってきているということだし。
とはいっても、何日も姿が見えないと本当に心配だし辛いですよね。メルさんのご心中を思うと切ないです…一刻も早くフクちゃんが帰ってきますよう祈っています。

投稿: kaori | 2008年5月29日 (木) 01時05分

なんとそんなことが・・・。
そうよ。ももちゃんみたいな箱入りのお嬢様には、お山は楽しそうに見えても、実は危険がいっぱいなのよ。
ゴハンも捕まらないだろうし・・・。
いい子にしてなさい、ももちゃん。

kaoriさんの心中お察しします。
全身の毛穴全開って感じだったのでは??

私は室内飼いなので、今でこそそんな心配はありませんが、昔は同じようにお散歩に連れ出して逃げられ、公園の金網を乗り越えて、どこかの会社の敷地のわけのわからない場所に入り込んだりして、苦労したものです。
水のない用水路に入り込むと、足の下のフタの中から鳴き声が聞こえたりして・・・それは悲惨でした。
今でも、たまに猫が帰ってこない夢とか見て、寂しーい気持ちで目が覚めることがあります。

その点、公園の猫はいいとこ取りっていうか、自由に冒険もできるけれど、危険な場所には近づかないという、こちらにとっては安心で、まさに理想的な行動パターンだと思えます。
皆こういう猫だったら、いいのですけれどね。
無事に捕まえることができて、良かったですね。

うぐいすの声とか聞こえてきて、ほんとにいいお山ですね。私山が大好きですから、こんなところに行くと、ずーーっと居たくなります。
「熊」って聞いて、はっとしました。九州の熊は絶滅していて、そんな心配はしたことなかったので・・・やっぱり本州なんですねえ。
いつまでもこんな山を大事に、持ち主さんにも感謝したいですね。

投稿: みみた | 2008年5月30日 (金) 00時46分

みみたさん、こんばんは。
みみたさんも以前脱走された経験があったのですね。そうそう、猫さんってすばしこいし色んな所に入り込んでしまったりしがちなんですよね。
基本的にはお散歩も無しの完全室内飼いが一番安全ですよね。もしお散歩するとしても準備や注意力も必要と思っています。お外で生活する術を全く分かっていないもも(家猫)の脱走は本当に危険ですよね。

公園猫さんの生活の様子、たまにのぞかせてもらっています。(いつも読み逃げでごめんなさいcoldsweats01)見守っていてくれる人が居るっていうのは猫さんたちにとっても心強いだろうなって思います。ちゃんと危険な場所も分かっているのですね。

ももとお散歩したお山は家からも近いし、途中までは車で行けるし、登り道もなだらかで歩きやすいし、本当に良い所なんですよ~。嫌な顔をせずに歩かせてくれる山の持ち主さんにも感謝です。ももちゃんは公園や近所をお散歩するよりお山のほうが好きみたいなのです。とっても静かな時は良いのですが子供の歓声や車やバイクの音がすると怖いらしく固まってしまいます。その点、山ならそういう音が無いのでリラックスして楽しめるみたいなのです。
九州の熊は絶滅してしまっていたのですか!知りませんでした。山に遊びに行くからには山に対する知識も必要ですね。で、静岡はどうなんだろう…って調べてみたらhttp://www.pref.shizuoka.jp/kankyou/ka-070/wild/asiatic_blk_bear.html
やはり山奥には居るみたいですcoldsweats01。元々は熊さんを含め野生動物の住まいでもある山に人間のほうが遊びに行くのだからお互いのためにも人間側が注意してあげなくてはいけませんね。

もうそんなには行かないと思いますが二度と行くまいというまでの気持ちでもないので…鈴を付けるっていうのは良いらしいのでこれからも山に行く時は所持して鳴らしながら歩こうと思います。ルールとマナーを守りつつ楽しみたいと思います。
あとももはお山の散歩の次にベランダ散歩や敷地内(せま~いお庭)散歩も好きなので(いきなりスケールが小さいですが(^_^.)そちらの回数を増やしてあげようと思います(*^_^*)。

投稿: kaori | 2008年5月30日 (金) 22時51分


こんばんは、Kaoriさん☆
Kaoriさんとももちゃんは元気されていますか?
私は今もフクを待っています。
モモの方はあれから、リードを付けて時々散歩したりしています。でも、暑いのですぐ横になって動きません。
撫ぜられるのが嫌なくせに、抱っこは大好きになってくれて、これは嬉しい誤算でした。
外に抱っこしながら出ては、フクちゃんが早く帰るようにモモと一緒に祈っています。
テールとプリンも元気です!

投稿: メル | 2008年6月19日 (木) 22時55分

メルさん、こんばんは。
ふと日付を見てみれば…前回の日記からもう1ヶ月!私もももちゃんも、とっても元気にしております(^_^)。日々それなりに色々なことがあり、日記に書こう書こうと思ってはいるのですが、最近なかなか仕事の疲れが抜けなくて(…というかただ怠けているだけか?)つい休みの日はだらだらと無駄に時間を過ごして終わってしまいます(^_^;)。

メルさんのブログも毎日のように訪問しているのに、お声をかけられないままで、ごめんなさい…。フクちゃんのこと、何のお役にも立てなくて心苦しいのですが「元気で帰ってきますように!」といつも祈っております。

モモちゃん、時々お散歩しているのですね。最初の頃よりリードにも慣れてくれたのですね。モモちゃん、テールちゃん、プリンちゃん、みんな元気とのことでなによりです。メルさんも本当にご心配でお辛い事と思いますが思い詰めてしまってお体に障るようなことがありませんようにと思っています。
家族みんなの願いがフクちゃんへ、そして神様へと届きますように!

投稿: kaori | 2008年6月20日 (金) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102655/22794149

この記事へのトラックバック一覧です: お山で脱走!:

« ももちゃんと森林浴 | トップページ | 仰向けグルーミング »