« お誕生日 | トップページ | 膀胱炎の経過とお散歩 »

2008年11月 8日 (土)

ももちゃん、膀胱炎になる。

あぁ・・・前回の更新から3ヶ月も経ってしまいました。季節もすっかり変わってしまいましたねぇ。
仕事面で色々とありなかなか更新する気力が出ませんでした。って、いつも同じ言い訳しているような気もしますが・・・(^_^;)。気にかけてくださっている方達には申し訳ない思いです。

さて、ももちゃんですが、これまでずっと元気一杯できましたが・・・
4日の夜から何度もトイレに入りしっこスタイルをとるわりにはしっこが1,2滴くらいしか出ていないという状態になってしまったので、5日に病院へ行ってきました。診断の結果は膀胱炎でした。膀胱にしっこはたまっていないし、エコー検査をした結果、膀胱も腎臓もきれいなので、その他の病気(腫瘍や結石)ではないでしょうとのこと。

抗生物質入りの飲み薬を処方して頂き帰宅したのですが、帰宅早々トイレへダッシュしてまたしっこ・・・が!よく見てみると赤い~。血尿になってしまいました。すぐに病院へ電話して血尿になってしまったことを伝えると、膀胱炎では良くあることだそうで「そのままその飲み薬を飲ませてください」とのことでした。4~5日かけて徐々に良くなっていくでしょうとのことです。

元気食欲はあまり変わらずにいてくれていますが、頻尿と血尿の状態がまだ続いておりちょっとかわいそうです。でも深刻な状態ではないようなので大丈夫だと思います。

夏の間ずっと更新していなかったので夏のももちゃんの写真を数点載せておきます。

Img_0660 Img_0661

ひんやりとした感じが良いのか、空っぽの湯船の中が大好きでした。ふたを半分ほど閉めてやり「ももちゃん、届かないよ~と手を伸ばすと得意げな顔をして奥のほうへ逃げたりして(*^_^*)。
すごく可愛かったです。

Img_0674 Img_0678

Img_0680

それから洗面台でくつろぐももちゃん、こちらもひんやり感がお気に入りのようでした。

そして最後は夏の風物詩?にゃんこの開きです。どれも暑い夏ならではの行動だったようで最近はもうやりません。

先日のお休みの日(11月2日)についに長い間放置してあった障子を張り変えました。ただし障子紙はなんと新聞紙。前に「やってみようかな」って、ちらっと書いたけれど本当にやってみました。

本当の障子紙より丈夫そうだし、なんだか良い感じ、ただちょっと部屋が暗いかな。それと外から見た感じがやや恥ずかしいですが、2階の部屋だしベランダで半分くらいは隠れているのでまぁ良いかなと・・・母も「いいじゃな~い(^_^)!」って言ってくれています(^_^;)。

写真のももちゃん、早速あやしい動きをしていますが、障子を貼ってから3日目に一ヶ所破いただけでそれ以降は今のところ無傷であります。やはり以前よりはオトナになったのかな。しばらくこの新聞障子で過ごしてみて障子に興味を持たない(破らない)ようであれば本当の障子紙に変えてみようと思います。

最近の写真、新聞障子をチェックするももちゃんと出窓で日向ぼっこするももちゃん。

Img_0925_9Img_0926_5Img_0928_5

|

« お誕生日 | トップページ | 膀胱炎の経過とお散歩 »

暮らしの工夫」カテゴリの記事

通院・健康管理・病気等」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー
更新ありがとうございます。
かわいい ももちゃんが
見れて嬉しいですっ。膀胱炎は痛そうですね。
ももちゃん、おだいじにね。
うちの王子も秋になりました。食べ物の他、おなかが
冷えたりするのも膀胱炎の原因になるみたいです。
洗面台のももちゃん♪おしゃまさんですねー(^^)

投稿: ゆーゆー | 2008年11月 8日 (土) 22時55分

膀胱炎、突発性というものがあるらしいですね。
夏に、友人の猫さんがなっていました。
ももちゃんもそれかも??
早く落ち着くといいですね。

ももちゃん、かわいいな~
いたずらっぽい目^o^/

新聞、すごいです~おもしろい♪
ウチには障子が無いですが、新聞紙は大好きなので
すぐにダイブしそうだな・・・^o^;

投稿: ぴか | 2008年11月 9日 (日) 19時12分

ゆーゆーさん
こんばんは。ご無沙汰しております~。
王子くんもですか!ゆうたろうはなったことがなかったので良く分からなかったのですが、膀胱炎になる猫さんは結構多いみたいですね。りょうたろうは結石になったことがあったりします。

猫さんってしっこ関連の病気になりやすいですよね。慢性化しないようにしっかりとお薬を飲ませて治してあげたいと思います。

…とここまで書いて、王子くんはどんなんだったのかな~と、ゆーゆーさんのブログをさかのぼって読んでみました。(ごめんなさい~最近ブログ巡りもあまりしていませんでした)
ゆーゆーさん、すご~い!にゃんこのしっこのPHと月の関係、研究されていたのですね。興味深く読ませていただきました。尿路疾患対策小ネタも読ませていただきとても勉強になりました。ありがとうございます!確かに、最近急に冷えてきたのも良くないのかも知れませんね。

王子くんは1週間ほどで完治したとのことで良かったですね。ももちゃんも今朝から血尿が止まり頻尿もやや良くなってきています(*^_^*)。あとちょっとの辛抱かな…。
洗面台はサイズ的にちょうど体がすっぽりと入る感じが好きみたいです。ももちゃんが入ってもぬれないように使用後はタオルで拭いてあげていました。

投稿: kaori | 2008年11月 9日 (日) 22時45分

ぴかさん、こんばんは。
膀胱炎、先生のお話でもストレス(肉体的、精神的)による突発性膀胱炎、又は尿道からの細菌感染のどちらかでしょうとのことでした。
肉体的ストレスっていうのは寒さや疲れで抵抗力が弱ってしまうってことかな。ぴかさんのお友達の猫さんは夏になってしまったのですね。膀胱炎は寒くなってくると良くないっていうイメージが(私の中での勝手なイメージです)あったのですが夏でもなってしまうのですね。

ストレスだけが膀胱炎の原因の全てではないかもしれないけれど…私は気付かないうちにももちゃんにストレスを感じさせてしまっていたのだろうか…と少し気になって調べてみたらこんなページを見つけました。
http://ameblo.jp/vet/entry-10018462128.html
猫さんは(繊細な子は特に)人間が気付かないうちにストレスを感じてしまうものなのですねぇ。
ストレスゼロっていうのは難しいだろうけれどこれを機会に更に気をつけてあげたいと思います。

そして、ももちゃんの様子ですが、今朝から血尿が止まりました!ご心配いただきありがとうございます(*^_^*)。ただまだ頻尿気味なのであと一歩という感じです。

ちびちゃん、新聞紙が好きなのね。うちのももも好きなのですが今のところ意外と大人しくしています。一ヶ所だけバリッとやられてしまいましたが、後は無傷なのです。
大人しいのがオトナになったからなのか膀胱炎のせいなのかの判断が難しいところではありますが(^_^;)。完治して元気になったらまたびりびりにされちゃうかも~。

投稿: kaori | 2008年11月 9日 (日) 23時27分

あらら、ももちゃんも膀胱炎になっちゃったんですね。可哀想に。ぴーちゃんも3月ごろに(避妊手術の後)になりました。ぴーちゃんの場合、抗生剤で下痢になっちゃうのでなかなか大変でした。出血も結構続いたです。その後、抗生剤止めてもフードによっては下痢するようになっちゃいまして、繊維の多いものだと大丈夫なのでヘアボールコントロール系を今も食べてます。ももちゃん出血止まったみたいでよかったあ。早く治りますように。元気が一番ですものね。がんばれ~。

投稿: のんこまる | 2008年11月13日 (木) 20時01分

のんこまるさん、ご心配頂きありがとうございます!
ももちゃんの膀胱炎は11日頃からずいぶんと良くなりました。血尿も頻尿症状も治まり今は元気一杯になりました。
ただ、症状は治まってもまだ用心したほうが良いそうで、もうしばらくお薬は続けたほうが良いそうです。

ぴーちゃんもでしたか。やはり膀胱炎になる猫さん、多いんですね。ぴーちゃんの場合は抗生剤の影響やその後まで下痢になってしまったのですね。大変でしたね…。
うちのももも避妊手術の後に処方された抗生剤(アンピシリン)では下痢になってしまいましたが、今回は「前回は下痢になってしまったから、今回は別の抗生剤をだします。」と言って別のものを処方されました。(薬の名前は聞き忘れちゃいました)で、今回は全く下痢にも軟便にもなりませんでした。

でもぴーちゃんは、フードによっても下痢になってしまうということなので、もともとお腹がデリケートなのでしょうね。

血尿は見ていて痛々しいですよね。ぴーちゃんものんこまるさんも、長引いてしまって辛かったでしょう…。うちのももは3日間だけだったから短いほうかな。それでも血尿を見るたびに胸が痛みましたもの…。どちらにしてもお互いに治って本当に良かったですね(^_^)。

投稿: kaori | 2008年11月14日 (金) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102655/25132116

この記事へのトラックバック一覧です: ももちゃん、膀胱炎になる。:

« お誕生日 | トップページ | 膀胱炎の経過とお散歩 »