« ももちゃん、膀胱炎になる。 | トップページ | ワクチンと血液検査 »

2008年11月18日 (火)

膀胱炎の経過とお散歩

Img_0948 11月4日の夜に気付いた異変から始まった膀胱炎。
5日~8日にかけて激しい頻尿と血尿になるなどのピークを迎えましたが、9日の朝になると血尿は止まり、軽い頻尿症状だけになりました。そして10日の朝からは1日2回というほぼ正常な回数に戻り、その日から元気爆発で家中を走り回るようになりました。

先日の日記で「元気食欲はあまり変わらない」などと書いていますが今になって振り返ってみると食欲は普通でいつものように食べていましたが、元気に関してはやはりいつもよりは大人しかったなぁって感じます。
排尿の回数が正常に戻った10日の日のはしゃぎようといったら・・・もう、うれしいやらびっくりするやらって感じです。きっとすっきりとしてうれしかったのね(*^_^*)、ももちゃん!

ただ先生のお話によると膀胱炎というのはしつこい病気で、症状が無くなってもまだ膀胱に菌が残っていることが多いらしく、症状が無くなったから治ったと思って薬をやめてしまうと、また再発してしまうことがあるらしい。ということで、ももちゃんはまだお薬を飲んでいます。
15日に私だけでお薬を取りに行き先生に経過をお話してきました。そしてお薬を飲む量は15日から半分の量になりました。ついでに抗生物質の名前を聞いてみました。お薬の名前は「アモキシシリン」というものでした。前回(避妊手術後)に処方された「アンピシリン」では下痢になってしまったももちゃんですが今回のお薬では全然平気でした。

お薬は25日までの分が処方されておりそれを飲ませ終わったらその後は経過観察をしてなんともなければ終わりにしても良いとのことです。お薬は粉薬でお水に溶いてシリンジで飲ませています。

お薬を飲むももちゃん。

この動画ではちょっとイヤイヤしていますが(^_^;)、お薬にはおいしい味が付いているそうでいつもは全然嫌がらずに飲んでくれています。

今日は仕事がお休みでお天気も良かったのでお散歩動画を撮りました。

お散歩とは言っても今日は自宅の駐車スペースをうろうろしている程度です。上下の動画共に今日のももちゃんです。

以前、お山で脱走した時のベストハーネスですが、結局はまたこれを使っています。ももちゃん的にはこれが一番楽ちんで好きみたいなので。いつも後ろから引っ張るような感じになるように注意して使っています。念のために迷子札付きの首輪をいつも付けています。

そしてこちらはベランダでのお散歩。

お外に出るなり「うれしいにゃ~ん」とごろごろするももちゃん。「バタン!」と閉まる扉の音に驚いています(^_^;)。いつもは手でそっと閉めてあげているのですが、今日はカメラを持っていたので大きな音を立てながら自然に閉まってしまいました。

猫草の横にちらりと写っている鉢はまたたびですが、あまり気にしていません。お外に出るお散歩は週に2~3回ですが、ベランダ散歩は毎日しています。1日に2~3回出たりもします。ももちゃんは猫草が大好きなのでベランダに出る度に食べていますが、滅多に吐くことはなく、うんPに混ざって排出されているようです。

子猫の頃は猫草を食べると必ず吐いていて、そのうち血まじりのピンク色のものまで吐いたのでその後は当分猫草禁止にしていたのですが、お散歩に出る度に猛烈に草を食べたがるのでしばらくはあくの少ないチンゲンサイやレタスなどを生であげていました。
ももちゃんはそれらの生野菜でも喜んで食べていて、更にそれらでは吐くことはありませんでした。
でも生野菜をあげていてもやはりつんつんした葉っぱを食べたがるので、今年の6月頃(生後10ヶ月)、そろそろ体も大人になってきたし大丈夫かな?と再び猫草にトライしてみたところ、その頃からは全然吐かなくなりました。
ということで今ではベランダに出た時だけ食べさせています。ただし、好きなだけ食べさせているといつまでも食べているので(^_^;)途中でストップをかける時もあります。

|

« ももちゃん、膀胱炎になる。 | トップページ | ワクチンと血液検査 »

日常」カテゴリの記事

通院・健康管理・病気等」カテゴリの記事

コメント

Kaoriさま

ももちゃん膀胱炎良くなった様子で安心致しました。
小っちゃいシリンジでお薬をゴックンするももちゃん「偉いよ~~ももちゃん!もう少しの辛抱だね」

我が家は現在イチゴがストバイですし、にゃるちゃんが若かりし頃膀胱炎が習慣化してしまって大変でした。ですから先生の仰っている事に納得です。
ももちゃんもお薬大変ですがもう少し頑張ろうね♪

ももちゃんなんだか益々艶々ぴかぴかで一段と美人さんになった様な気がします。
いつか生ももちゃんに会いたいなぁ・・と言うのが今の私の夢です。
その時はももちゃん宜しくね!!
おもちゃのおばちゃんだよ~~~

投稿: まりこ | 2008年11月18日 (火) 22時31分

まりこさん
もものことをご心配頂きありがとうございます。
イチゴちゃんは今ストバイになってしまっているのですか…心配ですよね。イチゴちゃん、お大事にね。

うちではずっとまえにりょうたろうが若い頃に結石を患ったことがあります。当時の私は知識も無く、猫さんへの関心も薄かったため気付くのが遅くて、尿毒症のような状態になり生死の境をさまよわせてしまいました。
数日間入院し、先生も「出来る限りはしますが、助かるかどうか分からない」と言っていたほどでしたが、奇跡的に助かって元気になってくれました。

にゃるちゃんも若い頃、慢性的な膀胱炎になってしまっていたのですね。もうとっくに症状が無くなって元気なのになぁ…などと思ったりもしたのですが、やはりここできちんと飲ませ続けることが大切なんですね。にゃるちゃん、まりこさん、ありがとう!もうしばらく、お薬頑張りますね~。

猫さんって、ほんとしっこ関連の病気になりやすいですよね。男の子は結石、女の子は膀胱炎、老猫さんは腎不全っていうイメージがあります。

ももちゃんはどうってことのないふつーのにゃんこなのに(私にとっては我が子のように可愛いんですけどね(^_^;))会いたいなどと言って頂いて光栄です!

ただ、今までブログには書いていなかったのですが、実はももちゃんは人見知りにゃんこなのです(^_^;)。なのでお客様がいらしても可愛いおもてなしが出来ないって言うところがひそかな悩みだったりもします。

なんでこうなっちゃったんでしょうねぇ(^_^;)。箱入りお嬢様扱いしすぎてしまったのかなぁ。私の後だけは避妊手術以降ずっと、家の中でもストーカーのようについてくるんですけどね…。この家の中では母と私にだけはよく懐いているのですが、二世帯で同居しているもののたまにしか顔を合わせない兄やお義姉さん、姪達には懐いてくれず逃げ回ってしまいます。
ゆうたろうやりょうたろうは全く人見知りをしなかったし、性格的にも穏やかだったので、他人様からみても可愛げのあるにゃんこだったと思うのですが…。

というわけで、いつかまりこさんに会っていただくその前にとりあえず、人馴れ修行が必要なももちゃんなのです(^_^;)。ももちゃん、おもちゃのおねえさんにきちんとご挨拶出来るように頑張るのだ~。

以前頂いたおもちゃ今も大切に使わせていただいております。ありがとうございます。中でもシャカシャカの袋が一番のお気に入りです。ずっと出しっぱなしにはせず、普段はしまっておいて忘れた頃に取り出してあげると喜んで遊んでいますよ~(^_^)。

投稿: kaori | 2008年11月19日 (水) 01時04分

まあ、なんておりこうちゃんにお薬を飲んでくれるのでしょう!きっとkaoriさんの飲ませ方も上手なんでしょうね。抗生剤の名前、私もぴーちゃんが今後飲むようなことがあったら参考にさせていただきます。ありがとうございます。ももちゃん、人見知りなんですね。ぴーちゃんもものすごい人見知りで夫にさえ帰宅してすぐは出てきてくれません。でも、私には後追いがすごくてついて回ります( ̄Д ̄;;お顔や体型などもももちゃんによく似てますよ。ぴーちゃんはきじとらなんですけどね。不思議です。

投稿: のんこまる | 2008年11月20日 (木) 20時16分

のんこまるさん
ももちゃんは子猫の頃はお水を置いてもお水で遊んでしまうだけで…全くといっていいほど自分からお水を飲まない子でした。先生からは「ゴハン(缶詰やミルク)の水分で足りているってことだから大丈夫」と言われましたが、何となく心配でたまにシリンジで飲ませていました。
そんなこともあって、子猫の頃からの慣れもあって、シリンジで水分を摂取させられることに抵抗感が少ないのかも知れません。(*^_^*)

ぴーちゃんも人見知りちゃんでしたか~。旦那様の帰宅でさえ隠れてしまうのですね(^_^;)。
後追いする点も同じでお顔や体型も似ているのですね。色や模様が違っていてもお顔が似ているっていうこと、ありますよね。私も別の猫さんを見て思ったことがあります。逆に同じキジトラ同士、白猫同士でもお顔が違う(似ていない)って感じることもあります。

猫さんって一見似たような顔でも良く見るとちゃんとそれぞれに個性や特徴がありますものね。そっか~、ももちゃんに似ているのか~(^_^)何となくぴーちゃんのお顔が想像できて親近感沸いちゃいます。

投稿: kaori | 2008年11月21日 (金) 23時20分

ご無沙汰しています☆

Kaoriさんも、ももちゃんも、お元気でしょうか?
ももちゃんの膀胱炎のほうはもういいですか?
すぐにでもコメントしたかったのですが、凛のことを思い出し、出来ませんでした。
やはり、凛のことはずっと後悔として残ってゆくんだと思います。
モモは元気にやんちゃにしています。
お兄ちゃんたちを追い出すのです。
強い妹です。
お外のクロちゃんも朝晩、ご飯を食べに来ています。
モモがこんななので、とても中には入れてあげられないのでかわいそうですが・・・。
一応、外でも暖かく寝られるようにしてあげました。
そこで、なんとか寝てるみたいです。
なかなか自分のブログでは、凛やフクのことがトラウマになっていて、猫のことが書けません。
また書ける様になるといいのですが・・・。
また書ける様になったら、Kaoriさんに一番に言いますね。

投稿: メル | 2008年12月 6日 (土) 21時31分

メルさん、こんばんは。
ももの膀胱炎はすっかり良くなりました。凛ちゃんのことを思い出されたのですね。私もメルさんと同じように、色々な後悔を抱えています。その後悔を繰り返すことが無いように今の子達に生かしてあげたいですね。一切の後悔が無いと言い切れるようになるのは難しいかも知れませんが、猫さんとの暮らしを楽しみつつ頑張っていきたいですね。

モモちゃん、お兄ちゃんたちを追い出しちゃうんですか(^_^;)。最近はお写真を見ていないけれどモモちゃんも大きくなったのでしょうねぇ(^_^)。うちのもももずいぶんと大きくなり最新のデータでは4.25kgもあります。
クロちゃんもメルさんちの家族の一員になりつつあるのですね。近況を教えていただきありがとうございます。

ブログのほうはメルさんが猫ちゃんのことを自然に書きたいなという気持ちになった時だけで良いのではないでしょうかと思います。私は逆に自分の心境や職場のことプライベートなことを書くのが苦手だから猫のことばかりになってしまっているだけなのです(^_^;)。

猫さんのことが書いてなくてもメルさんのブログは読ませていただいております。メルさんのやさしいお人柄が伝わってくるようです。上手く言葉が見つからなかったりで、もうずっとコメントもしていませんが心の中で応援したり同意したりしながら読ませていただいております(^_^)。

投稿: kaori | 2008年12月 6日 (土) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102655/25448833

この記事へのトラックバック一覧です: 膀胱炎の経過とお散歩:

« ももちゃん、膀胱炎になる。 | トップページ | ワクチンと血液検査 »