« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

断食で年越し・・・

ももちゃん、胃腸炎になってしまったために、ただいま断食中であります・・・。

Img_0967 最初に異変を感じたのは29日の夜。
朝のゴハンはカリカリを用意して仕事に出かけた。帰宅後に器をチェックしてみたら完食してあった。そして夕飯は缶詰をあげた。ももちゃんは、ドライに関してはプレミアムフードでも平気だけれど缶詰はあまり好きではなくホームセンターで買えるような缶詰が大好き。
でもたまには良い缶詰を食べて欲しくて、ももちゃんの苦手なA社のうさぎ缶とアイシアの金缶を混ぜ混ぜして提供した。
ももちゃんは複雑な表情ながら3分の1ほど食べてくれた。あまり食べてくれなかったけれどまぁ朝までにはもう少し食べてくれるでしょうと思っていた。

その後、私の入浴に付き合ってお風呂場へ来てぽちゃぽちゃとお湯遊び。(湯船の中に手を入れてぽちゃぽちゃして遊びます)
お風呂から出てしばらくしてももちゃんを触ってみたら何だか小刻みに震えている~。
「あら?オテテが濡れて冷えちゃったかな・・・」と思い。しばらくコタツの中へ入れてあげた。

その後2階の自分の部屋へ戻るとももちゃんもついてきた。そして私の布団の上でごろごろ寝んねしていたのだけれど、10分ほど経った頃かな、PM10時頃、急にフローリングのほうへ移動したかと思ったら、ケコッケコッ!と始まりそのまま大量のゲ~。その後連続で3回くらいゲーをした。それがまた何だかすごい量で絶対に夕飯に食べた缶詰以上の量でしょう~!っていうくらい。朝昼に食べたドライもまだ胃に残っていたのかな。
ちょっとびっくりしたけれど過去にも嫌いな缶詰を食べた後、吐いたことが2回くらいあってそのときはその後もケロッとしていたので大して心配はしていなかった。
AM12時頃しっこをしてから寝んねした。

Img_0970 明けて翌30日(つまり昨日)。朝早くから仕事だったので、またまたドライを30gほどあげて出勤。帰宅後食器を見てみたらなんと全然食べてない・・・。う~ん、どうしちゃったのだろう。昨夜のゲーが後を引いちゃっているのかな。一瞬「病院へ行ったほうが・・・」と頭をよぎったけれど「確か今日の午前までで明日からは年末年始のお休みだよなぁ・・・もう少し様子をみるか」と思い結局は行かなかった。ミルクや流動食っぽい物を買っておいたほうが良いかなとも思ったけれどそれもまぁ明日で良いかってことでやめてしまった。
そんな風に考えているうちに、夕方5時ごろ、ぼそぼそと少しだけ食べ始めたので「あぁ良かった~」などと思っていた。(ただいつもの元気が全然なくて寝てばかりではあった。)

ところがまたまた夜10時頃、大量のゲー。今回も「今日はこんなに食べてないでしょう~!」って言いたくなるくらいの量の多さ!そしてその後はお鼻のピンクも白っぽくなってしまいまなざしもうつろで本当に元気消沈してしまった。

先日の検査で悪いところが無かったから、ももちゃんは若いから、きっとそのうちに元気になるでしょうとやや楽観的だった私もさすがにあわてた。こ、これはまずい!ももちゃんの体の中で何らかの異変が~!
とりあえず何か胃に負担をかけないものを買って来ようと、母にももちゃんを託し、24時間開いているスーパーに車を走らせた。そしてペットコーナーへ行き必死に探してみたが、猫ミルクやデビフのカロリーエースは無かった。かろうじてあったのが「ペットの牛乳」
「う~ん、やや不満だけれどなにも胃に入っていないまま朝を迎えるよりは良いでしょう!」ってことで、とりあえずこれを購入して急いで帰宅。

帰宅後すぐにシリンジで1回6ccくらいずつ。一気にあげるとまた吐いてしまいそうで怖かったので時間をかけながらすこしずつ、計50cc飲ませた。
ミルクを飲ませている途中でふと思った。そういえばももちゃん、今日は1回もしっこをしていない・・・。何だか急に不安になってきてももちゃんをトイレに連れて行き砂の中に入れてみた。でも嫌がってすぐに飛び出してしまった。なので今度は新しいきれいな砂をトイレに入れてあげてみた。この作戦は大成功~新しい物好きなももちゃん(*^_^*)、すぐに砂をかきかきしてしっこをしてくれた。このときAM12時。前日から24時間ぶりのしっこだったけれど(色、におい、量など)見た感じでは特に異常はないと感じた。それから10分くらい後に今度はうんP、こちらは前半は普通っぽかったけれど後半がびちびち~だった(-_-)。
ただ飲ませた50ccのミルクは朝まで吐くことはなかった。

そんなこんなで迎えた今日!
朝になったら元気回復~を期待していたのだけれど、期待に反してももちゃんは今朝もげんなり。ももちゃんの大好きなスープたっぷりのレトルトを開けてあげてもそっぽを向く姿を見て、そして母にも「昨日みたいに夜になって慌てるような状態になるまえにさっさと病院に連絡しなさいよ!」などと怒られ、ついに通院を決意。お休みに入っていることを承知のうえで病院へ電話をした。
電話は留守番電話で、「年末年始のお休みに入っていますがAM9時からAM10時までの間急患のみ診察いたします。電話には出ることは出来ませんので直接来院してください。」とのメッセージ。えぇ!と時計を見てみたらAM9時半。大急ぎでしたくをしてももちゃんをキャリーに入れて出かけた。

病院についたのが10時5分前。待合室には(犬さんや猫さんはおらず)一人の男性だけが座って居たけれど、私とももちゃんはさほど待つことなくすぐに診察室に呼ばれた。29日からの状況を細かく話し先生に聞いてもらった。先生の診断は胃腸炎(胃カタル)でしょうとのこと。
まずは皮下点滴。そして注射を2本売ってもらった。注射は抗生物質や吐き気止めとのこと。そして先生からのお話。
「こういう状態になってしまった時には胃が荒れてしまっています。胃が荒れている時に無理に食べさせると胃の傷に食べ物がしみこんでしまったりして治る暇が無くなってしまいます。なので胃を休ませてあげることが大切です。今日は一日中絶食させてください。」とのこと。
そして「明日またこの時間にまた来れますか?」と聞かれた。幸い明日もお休みを取ってある。「はい、来れます。」と答えると。また明日点滴をするので明日またここへ来るまで絶食で、お水だけは飲みたいだけあげても良いです。と言われた。

ってことで、ももちゃん、ただ今絶食中です。先ほどゴハンの食器を見つめて何だか食べたそうな顔をしていましたが・・・かわいそうですが今夜は我慢です・・・。何という年越しでしょう(^_^;)。
でも朝、先生に診てもらい点滴や注射をしてもらったので、そして明日の朝も診てくれるとのことなので気持ち的にはちょっと安心です。ももちゃんも昨日よりは心なしか顔に生気が戻ったって感じだし。今日は1回も吐くことは無く(まぁそもそも何も食べていないんですが・・・)今は一緒にお布団に入ってすやすやと寝んねしております(*^_^*)。

ももちゃん、今年は2回も病気をしてしまいました。若いから回復力があるからなどと過信せずに、とにかく早め早めにケア、通院してあげることが大切なんだなぁって改めて実感です。

今年は数えるほどしか更新できず、来年もどのくらい更新できるか定かではありませんが(^_^;)、これからも細々とマイペースでももちゃんとの暮らしをつづっていけたらなぁと思っています。こんなブログではありますが、来年もまたよろしくお願いいたします。
皆さんのお家の猫さんわんちゃん、お外の子達も、みんなが健康で楽しい一年を迎えられますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

ワクチンと血液検査

Img_0960

先日12月1日にももちゃんの1年ぶりのワクチン注射(3種混合)に行ってきました。
ももちゃんは全く暴れることもなく注射は難なく終了。そしてついでに健康診断がてらに血液検査もしてもらいました。
注射はとっても大人しく受けてくれたももちゃんでしたが、採血は嫌だったらしく「ウゥ~」とうなりながら少しだけ抵抗しました。ただ、看護師さん2人に補定されていたせいもあるかもしれないけれど、大暴れするようなこともなくそこそこスムーズに終了しました。

ももちゃんは前回の採血(避妊手術の前)の時、腕から採血しようとしたら激しく抵抗したため、腕からの採血を断念し首の血管から採血したという経緯があり、前回と同じく今回も首の血管からの採血となりました。

前回の採血の時は「お預かりしますので待合室でお待ちください。」と言われてその通りにした為に採血には立ち会うことが出来ませんでした。なので診察室からももの叫び声だけが聞こえてきて・・・かわいそうで外で待っているのが辛かった。

ももの担当の先生はゆうたろうの担当の先生でもあった人だけど、ゆうたろうの採血の時は日によって違っていて、「落ち着くように声をかけてあげてくださいね~」などと言いながら私のいる所でそのまま採血する日と、「お預かりします。外でお待ちください」と診察室から出される日があった。(ただ圧倒的に目の前で採血してくれることのほうが多かったです)

Img_0985 そんなこともあり今回はどうかなぁと思っていたら、今回も前回と同じく「お預かりします」と言ってきました。私は今の病院は嫌いではないけれど唯一これだけが不満なんですよね・・・。なんで注射は良いのに採血はだめなの~。
私は採血に手間取っていても(心の中は別として(^_^;))文句を言ったり嫌な顔をするわけでも無いのに何故「外で待て」と言われなくてはいけないのか、な~んか納得いかないんですよね。看護師さんに押さえつけられて不安で怖いであろうももちゃんのそばにいて励ましてあげたいのに・・・。なので今回は勇気を出して言ってしまいました。「私がここに居たらだめなんですか?」と。そうしたら「いや・・・だめではないですけど・・・」と戸惑いつつも、結局は立ち会うことを許可してくれました。

話が脱線しましたが(^^ゞ。次のワクチンは3年後で良いということなので、ももちゃんの体調に変化が無ければこれから先はワクチンと一緒に3年に1回の健康診断(血液検査)をしてもらおうかなと思っています。そしてシニアになったら1年に1回にしていこうかなと思っています。

ワクチン接種後のももちゃんは次の日1日だけは寝てばかりでいつもより大人しかったけれど次の日にはすぐに元気回復して走り回っていました。採血の結果は2日には出ていたけれど都合で病院に取りに行くことが出来ず3日に病院へ行き受け取りました。
結果としては、やや脱水気味(RBC,Hb,Htが少し高め)ということとGPTが66(正常値10~50)とこちらも少し高いという以外は正常値で特に問題は無しとのことでした。
GPTに関しては前回も81と高めだったけれど、前回より上がっているわけでもないので病気というわけではないでしょうとのことでした。ももちゃんの体質って思えば良いのかな・・・でも一応日常生活で肝臓に負担がかかるようなことが無いように気をつけていこうと思っています。

Img_0992 今朝のももちゃん。私が起きて下の部屋に行く時は頭からすっぽりと全身布団に潜り込んでいたけれど、ご飯を食べ終えて部屋に戻ったらにんげんみたいに顔だけ出して枕に手を置いてぬくぬくしていました。かっかっかわいすぎぃぃ~!!(親ばかですみません(^_^;))
とにかく特に悪いところも無いとのことでとりあえずは一安心。でもももちゃんは猫カゼのキャリアなのでそのことを忘れずに今後も体調管理を気をつけてあげたいなと思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »