« 膀胱炎の経過とお散歩 | トップページ | 断食で年越し・・・ »

2008年12月 6日 (土)

ワクチンと血液検査

Img_0960

先日12月1日にももちゃんの1年ぶりのワクチン注射(3種混合)に行ってきました。
ももちゃんは全く暴れることもなく注射は難なく終了。そしてついでに健康診断がてらに血液検査もしてもらいました。
注射はとっても大人しく受けてくれたももちゃんでしたが、採血は嫌だったらしく「ウゥ~」とうなりながら少しだけ抵抗しました。ただ、看護師さん2人に補定されていたせいもあるかもしれないけれど、大暴れするようなこともなくそこそこスムーズに終了しました。

ももちゃんは前回の採血(避妊手術の前)の時、腕から採血しようとしたら激しく抵抗したため、腕からの採血を断念し首の血管から採血したという経緯があり、前回と同じく今回も首の血管からの採血となりました。

前回の採血の時は「お預かりしますので待合室でお待ちください。」と言われてその通りにした為に採血には立ち会うことが出来ませんでした。なので診察室からももの叫び声だけが聞こえてきて・・・かわいそうで外で待っているのが辛かった。

ももの担当の先生はゆうたろうの担当の先生でもあった人だけど、ゆうたろうの採血の時は日によって違っていて、「落ち着くように声をかけてあげてくださいね~」などと言いながら私のいる所でそのまま採血する日と、「お預かりします。外でお待ちください」と診察室から出される日があった。(ただ圧倒的に目の前で採血してくれることのほうが多かったです)

Img_0985 そんなこともあり今回はどうかなぁと思っていたら、今回も前回と同じく「お預かりします」と言ってきました。私は今の病院は嫌いではないけれど唯一これだけが不満なんですよね・・・。なんで注射は良いのに採血はだめなの~。
私は採血に手間取っていても(心の中は別として(^_^;))文句を言ったり嫌な顔をするわけでも無いのに何故「外で待て」と言われなくてはいけないのか、な~んか納得いかないんですよね。看護師さんに押さえつけられて不安で怖いであろうももちゃんのそばにいて励ましてあげたいのに・・・。なので今回は勇気を出して言ってしまいました。「私がここに居たらだめなんですか?」と。そうしたら「いや・・・だめではないですけど・・・」と戸惑いつつも、結局は立ち会うことを許可してくれました。

話が脱線しましたが(^^ゞ。次のワクチンは3年後で良いということなので、ももちゃんの体調に変化が無ければこれから先はワクチンと一緒に3年に1回の健康診断(血液検査)をしてもらおうかなと思っています。そしてシニアになったら1年に1回にしていこうかなと思っています。

ワクチン接種後のももちゃんは次の日1日だけは寝てばかりでいつもより大人しかったけれど次の日にはすぐに元気回復して走り回っていました。採血の結果は2日には出ていたけれど都合で病院に取りに行くことが出来ず3日に病院へ行き受け取りました。
結果としては、やや脱水気味(RBC,Hb,Htが少し高め)ということとGPTが66(正常値10~50)とこちらも少し高いという以外は正常値で特に問題は無しとのことでした。
GPTに関しては前回も81と高めだったけれど、前回より上がっているわけでもないので病気というわけではないでしょうとのことでした。ももちゃんの体質って思えば良いのかな・・・でも一応日常生活で肝臓に負担がかかるようなことが無いように気をつけていこうと思っています。

Img_0992 今朝のももちゃん。私が起きて下の部屋に行く時は頭からすっぽりと全身布団に潜り込んでいたけれど、ご飯を食べ終えて部屋に戻ったらにんげんみたいに顔だけ出して枕に手を置いてぬくぬくしていました。かっかっかわいすぎぃぃ~!!(親ばかですみません(^_^;))
とにかく特に悪いところも無いとのことでとりあえずは一安心。でもももちゃんは猫カゼのキャリアなのでそのことを忘れずに今後も体調管理を気をつけてあげたいなと思っています。

|

« 膀胱炎の経過とお散歩 | トップページ | 断食で年越し・・・ »

血液検査」カテゴリの記事

通院・健康管理・病気等」カテゴリの記事

コメント

ももちゃん血液検査問題なくて良かったです(^-^)♪
にしても写メかわいいですね(^▽^)☆

投稿: こいけ | 2008年12月10日 (水) 17時52分

こいけさん
ありがとうございます!
ももちゃんは体も大きくなり元気いっぱいに毎日を過ごしておりますよ~。
写真は…自分で言うのもなんですが、なかなか可愛く撮れたなぁなんて思っちゃっています(^_^;)。元気な様子をこいけさんに見てもらえてとってもうれしいく思います(^_^)。

投稿: kaori | 2008年12月11日 (木) 17時36分

こんばんは。
一ヶ月以上もご無沙汰してしまった自分がショックです。
あの次の日の更新が膀胱炎なんて・・・お見舞いもせずにすみません。
血液検査など、異常なかったようでよかったですね。

注射と違って、採血には時間がかかるでしょう。
その間飼い主が同席すると、
「お母さんがいるのに助けてくれなかった」
って、ペットが飼い主に不信感を持つようになるとか・・・
って、何かで読んだ記憶があります。
ほんとかどうかはわかりませんけれどね。

これって写メなんですか。
洗面台の中、お風呂の中、特に新聞障子の構図もいいですね。
6日の写真は三枚ともとっても素敵です!

ももちゃん、おしとやかになりましたか。
ますますお姫様ですねー。ほんとに綺麗な子だなー。
すずは一層凶悪になっています。
私のくるぶしにかぶりついて、ずるずるひきずられてます。

時々ぶん殴りたくなるけど(殴りますけど)
すずには、私の他に遊び相手がいないもんなあ・・・と思うと、不憫になります。
もうすずに選ばれた人間だと思いつつ、暮らしていくしかないですね。

お仕事の方はいかがですか?
私もぶっちーーん、とくること、たくさんあります。
世の中うまくいかないことばかり、でも一緒にがんばりましょうね。

あ、すず、健康診断もワクチンも血液検査も一回もしていません・・・。
いけないなあ、早くしてあげなくちゃ! 
飼い主失格ですよね。
病院に行ったら、すず、何するか・・・・・・・コワイなあ。

投稿: みみた | 2008年12月20日 (土) 00時23分

みみたさん
すみませんだなんて、そんなことないですよ~。私のほうこそ長いこと読み逃げばかりで申し訳ないです。

採血の件ですが、言われてみれば、確かにそういう考え方も一理ありますね。
私が採血に立ち会うのを望むのは、そばに居てあげたいと思うと同時に口の利けないももちゃんが不当な扱いを受けはしないかと心配するあまりという意味もあったりします。
でもそれでは先生を信頼しきれていないということになってしまうし、入院や手術の時などは無理なのだから、こだわりすぎるのも良くないのかも知れないんですけどね。先生からは「うるさくて細かい飼い主さんだなぁ」って思われているかと思います(^_^;)。

写真、褒めて頂いてうれしいです~(^_^)。写真は一応デジカメで撮っています。可愛い表情や仕草を残したくて色々な角度から撮りまくっています。デジカメだと撮り直しがきくので良いですよね。私の携帯ではあまり機能が良くなくて上手に撮れないので普段はあまり使っていません。

ももは相変わらずお転婆なところもあったりでおしとやかというほどではありませんが、以前よりは落ち着いてきています。いまだに咬み癖は残っていますが一応加減はしてくれているって感じです。(子猫の頃は本気咬みっぽかった…)
すずちゃんは相変わらずなのですね(^^)。やはり遊んで欲しくてエキサイトしてしまうのかも知れませんね。まぁ考えてみればわんぱくさんもお転婆も元気だからこそって思えば許せちゃいますよね。

すずちゃん、ワクチンはまだでしたか。私は以前、知識があまり無かったこともあり、ゆうたろうには22年間一度もワクチン注射をしたことは無かったのですが、ももちゃんは家に迎えたときから猫カゼを持っていたのでそういう点でも色々と考えて打ってもらっています。

知識の無い私のせいで、去勢手術だけはしたものの、一度もワクチンを打たず、安物のキャットフードを食べ続け、たまに脱走したり(お散歩しておいで~ってわざと放したことも(^_^;))野良さんとケンカをして怪我をしたこともあったのに長生きしてくれたゆうたろうは本当に運と生命力の強い子だったんだなぁって改めて思ってしまいます。

あ、それからお仕事のこと、ご心配頂きありがとうございます。今は気持ちも落ち着いて気を取り直して頑張っています。今の世の中働く場所があるっていうことだけでもありがたいと思わなくてはですよね。お互いに頑張りましょう~!

投稿: kaori | 2008年12月20日 (土) 22時49分

元気でクリスマスを過ごされましたか??
やっぱりデジカメだったんですね。
最近の機種って、携帯でもこんなに綺麗に撮れるのかしら、って思ったんですよ。
ももちゃんのぱっちりした細いアイラインまでくっきり、綺麗ですね。

ゆうたろうさん、ワクチンなしで長生きしたのですから、しなくて済むならそれがいいですよ~~。考えてみれば、すずもたぶん外猫と接触する可能性は限りなくゼロなので、しなくていいっちゃいいんですけれど・・・。
何が起こるかわかりませんからね。

たくさんの猫の生死に関わっていると、もって生まれた運命なのかなあ、って感じることは多いです。
あの子とこの子どう違うんだろう?
ほんのちょっとのタイミングの差で、結果が大きく違ったり。
ゆうたろうさんは、ほんのちょっとのタイミングで、良い運をつかみ続けてきたのでしょうね。
どれが欠けても、あんなに元気で長い一生は送れなかったでしょう。

私の足にかぶりついて蹴り続けるすずの顔をまじまじと見てみると、
まん丸の目で本当に天真爛漫に、楽しそうに蹴ってるんですよ。
悪い感情でなしに、ただ楽しいだけかもしれませんね。
いつも私に話しかけるし、そばから離れないし、すずには私しかいないんだなあと思います。
こんなキタナイ毛色の猫でも、かわいいです。
すずを抱き上げて重みを感じる時、ほんとに幸せです。
咬まれますけど。

最近のニュースでは、何万人解雇された、とか連日すごいですね。
介護や農家など、人手不足の業種はたくさんあるのに。
産科小児科のお医者さんも、人手不足なのに辞めていくそうです。
うまく仕事量を分け合えるシステムを作れないのかと思いますね。

でも、もし今人を雇えば、企業イメージ大幅UPだと思うのですけど。
ああ、人様のところで猫と関係ない話をしてすみません!
それでは、また。

投稿: みみた | 2008年12月27日 (土) 01時05分

みみたさん
うちはあまり季節感のある行事をしないほうなので(^_^;)特別なことはしませんでしたが、いつも通り元気に過ごしていました。

猫さんの命(猫さんに限らずですが)、本当にもって生まれた運命っていうのを感じることありますよね。年をとっているから先が短いとか、若いから絶対に未来が保障されているなどとは言い切れませんものね。

もちろん健康に配慮してあげたり、早くに気付いてあげることによって運命を変えることも出来るのでしょうけれど。
そういう風に考えると老猫さんであれ若猫さんであれ生きている時間の大切さは変わらないんだよなぁって思います。とにかく毎日楽しく過ごさせてあげたいです。

すずちゃん、みみたさんにカミカミ、けりけりすることが楽しいんでしょうね(*^_^*)。みみたさんが大変そうではありますが(^_^;)。
話しかけたり、いつもそばにいたり、可愛いですよね。すずちゃんはまだ若いから元気爆発って感じでわんぱくさんなのだろうけれど、結構甘えん坊さんな部分もありそうですね。

それにしても、ほんと雇用不安な世の中になってしまいましたね。なんか人を使い捨てにしているっていう感じでひどいなぁって思います。企業も生き残るのに必死なのでしょうね。でもあまりにひどい解雇のしかたは企業イメージが悪いですよね。
何もしない議員や天下りで楽して多くの収入を得ている人がいる一方で、介護の現場で重労働なのに報酬が少なかったり、職を失って路上生活している人がいたり…世の中のお金の流れ方というか色々なバランスがおかしいですよね。

投稿: kaori | 2008年12月29日 (月) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102655/25968655

この記事へのトラックバック一覧です: ワクチンと血液検査:

« 膀胱炎の経過とお散歩 | トップページ | 断食で年越し・・・ »